激安海外旅行のおすすめ情報満載ブログ!

■旅行②日目

 

2016/1/1(金)

 

あけましておめでとうございまーす!

 

晴天にめぐまれ、今日はホーチミンからバスで1時間くらいかかるテーマパーク

Suoi Tien Amusement Park(スイティエン公園)」へ!

 

 

ここは奇怪遺産とよばれるくらい、日本人からしたら突っ込みどころ満載のテーマパークですが、ナメてはいけません!

 

ていうのも、広さは東京ディズニーランドよりも遥かに広く、とにかく怪しいアトラクションばかりだけど、ワニ園まであって、日本では味わえない感覚を楽しめると思います!

 

普通はタクシーで40分くらいですが、あえて安いルートのバスでの行き方を紹介します☆

 

まずはベンタイ市場の横に位置してる大きなバスターミナルがありますので、そこから

19番のバス』に必ず乗ることです!

 

 

ホテルから徒歩で10分くらいでバスターミナル到着。

 

 

すでにバイクを横切るのが上手くなってる自分達。。笑

 

ターミナルは、いちおう乗り場はあるけど、相変わらず適当です。

 

なので、とりあえず乗り場を探さず、19番のバスが動いていようが止まっていようが見つけたら手を上げて止まってもらい乗り込むことが基本的なベトナムルールです♪

 

 

19番バスを発見し、さっそく挙手っ!

 

「i want to go to Sui Tien Park」と英語でいうと余計につうじないので一言「スイティエン、スイティエン!」と運転手にいうとうなずいてくれたので乗ります

 

 

ちょうど席が二つ空いていたので、座ると前の席の男の子が

 

「スイティエンへ行くの?」

「君たちはどこから来たの?」

「日本のどこ?」と、

ひたすら話しかけてくれました。

 

ベトナムの人は全体的に人見知りしませんので、僕たち日本人とは真逆な感じがしました。

 

とくに同じベトナム人同士だったら、他人でも気さくに話しかけます。

 

昭和の日本みたいでいいですねぇー。

 

今の東京じゃそういうのないな〜と思い、なんだか悲しい気持ちにもなりました

 

といってるうちに到着!

バスで約1時間ってとこです。6,000ドン(約30円)

 

 

入場料は大人が90,000ドン(約450円)です。

 

入場料は最近、随時高騰してってるそうです。

ホーチミンに限らず東南アジアは近年の発展が著しく年々物価が高くなっているとのこと。

 

(※後に分かったのですが私達が購入したチケットは「コンボチケット」という乗り物も乗れるフリーパスみたいなもんだったらしく、知らないで乗り物ごとにお金払ってました。)

 

 

 

入り口ゲートを入ると、とにかく得体の知れないオブジェがたくさんあります。

 

でかいし迫力はあるけど、意味不明なものばかりで笑ってしまいます

 

 

 

園内マップを手に取り、歩くと

「ハリーポッター!?」

 

もちろん無許可感まるだしなんですけど、人気アトラクションてことで言ってみることに。

 

じゃーーーーん!
どうだ、このクオリティ♪

 

 

園内はアトラクションごとにチケットを買う必要があります。
ハリーポッターは50,000ドン(約250円)です。

 

 

感想はというと、妖怪屋敷みたいな感じで、真っ暗の中を歩いていくと妖怪の人形などが現れます。

 

チープな作りなんですけど、日本のアトラクションと違い、人形などが暗闇のなか客の体に当たってきますので注意です。

 

日本ではありえない。。。

 

ちなみに嫁さんは暗闇で横腹をつねられたりしたそうで、ビビってました。

 

それと、日本のお化け屋敷よりルートが長いです。

 

たしか10分以上は歩いた記憶あります。

 

つぎのアトラクションへいくのに、園内を歩きますが怪しいものが多くて飽きません♪

 

 

アトラクション名「8D」という眼鏡かけて乗るタイプのものへ!

 

と、これが突っ込みどころ満載でおもろかったーw

 

 

写真は待ってるとこですが、スタッフもスマホいじってるし、アトラクションはどうやら写真正面の扉の中らしいのだが、いかんせんチャチぃぃぃ。。。

 

「8D」って嘘丸出しなところが憎めません

 

肝心のアトラクション内容が、これまたすごくて・・・

 

扉があくと部屋の中はBGM「ランバダ」が流れ、病院診察室にある回るパイプ椅子みたいのが20席くらい無造作に置かれてまして、好きなとこに座っていいらしく、しばらくすると部屋がくらくなり、360度画面は病棟内の設定らしくそこから3Dお化けが襲ってくるという仕組み。

 

ベトナムの中高生の女の子達は

「ぎゃーーーー!」と半泣き。

 

日本で育った自分達はとうぜん怖くもなく、パイプ椅子の感じとか…いろんな突っ込みどこに興味がいってしまって。。。なんだかベトナムの子達が羨ましく感じました。

 

思えば自分も昭和生まれだけど80年代にこのアトラクションを見てたら感動したのかもなーって。

 

物に不自由しないってのは幸せではあるけど、ちょっとしたことで楽しいとか感動できることを共有できないのは不幸だなぁとベトナムへ来て感じさせられたりしました。

 

つぎ!

 

園内奥へ行くとワニ園があるので行ってみることに

 

 

正月だったせいか、たくさんの人がいましたが、メインの「ワニ釣り」を楽しめるので、イチオシです。

 

ワニ釣りといってもマジでは釣りません。餌をつけた竿をたらして、ワニに噛ませ引っ張りあう楽しみ方です。餌は簡単にとれる仕組み。

 

 

家族で楽しそう♪

 

 

ワニとの距離が近いので迫力はあります!!

 

 

カップルも初々しくて羨ましいねっ

 

 

ここで餌つき竿を買いますが、たしか一回10,000ドン(約50円)くらいだった気がします。

 

じつは、以前にタイバンコクのワニ園にも行ったことがあり、ワニ釣りをしました。

タイバンコクのワニ釣りがめっちゃくちゃ面白かったので、今回も期待しましたが、タイバンコクのワニより若干小さく元気がないので、ちょっぴり残念でしたがそれなりに楽しめると思います。

 

ちなみにタイバンコクのワニ園のワニ釣りは、ワニ超でかくて餌の食いつきがハンパないので、めっちゃ面白いしちょっと怖いくらいです。

 

ワニ釣りも終えて、ちょっと疲れたのでジュースで水分補給。

暑いときの炭酸は美味かったなーっ!

 

 

このあと、写真にはありませんが、ジェットコースターに乗りました。

 

これが、園内ではじめて行列ができていて、待つこと20分ほど。

 

まず感想は…

 

超怖いです。

 

なにが怖いかっていうと、とうぜん座席の上から安全バーが下りてくるのですが、固定(ロック)してません!!

 

必死で壊れてることをスタッフへ訴えたのですが、どうやら全員固定してないみたいで、固定しないバーを手でしっかり握り~脇を閉めて固定しながらジェットコースターは容赦なくスタート!

 

お尻が浮く浮くーーーっ!恐

 

はい、超怖かったです。

 

あっという間に午後1時頃になっていたので、パーク内を戻りホーチミンへ帰ることに。

 

 

 

帰りはパーク入口前の道路を挟んで逆車線に歩道橋から渡りバス停に行くそうだが、さすがにお腹も空いていたので、帰りはタクシーで帰宅。

 

タクシー約40分/320,000ドン(約1600円)

 

 

ここでベトナムのタクシー事情です。

 

東南アジアでもベトナムのホーチミンのタクシーはボッタグリなどのトラブルを多いと聞きます。

 

タクシー会社がいくつかあるのですが、おすすめは2社のみです。

 

①Vinasun TAXI(ヴィナサンタクシー)

■車体ナンバー:38 27 27 27

白ボディに緑と赤ラインが入ってるのが特徴です。

 


【via:http://tripping.jp/asean/vietnam/ho-chi-minh/14386

 

 

②Mai Linh TAXI(マイリンタクシー)

■車体ナンバー:38 38 38 38

写真は白ボディに緑ラインですが、緑ボディの車体もあるので車体ナンバーで判別するのが一番いいです。

 


【via:http://tripping.jp/asean/vietnam/ho-chi-minh/14386

 

それ以外のタクシーは絶対に避けましょう。

ヴィナサンもマイリンも多く走ってますので、捕まえるのに苦労しませんので、この2社以外は無視でOKです。

 

ただしヴィナサンもマイリンも、所詮はベトナム社会主義国のタクシーなのでトラブルがないわけではありません。少しでも運転手の雰囲気とか嫌だな…と感じたらやめておくのも良いと思います。

 

偽物の多くはヴィナサンやマイリンに似せて車体横に番号を記載していますが、微妙に番号が違うので、間違えないように注意しましょう!

 

それでも心配方は、安全のために日本総領事館が発行している『ぼったくりタクシー防止カード』を印刷して持って行くのが良いでしょう。

 

ぼったくりタクシー防止カード - PDFファイル】

 

 

実際に私も持って行きましたが、タクシー運転手に行き先などを言葉で言わないで渡せば良いだけなので役に立ちました。

 


 

とりあえず、超お腹すいてしまったので、どこでも良いということで、メニューも選びやすいショッピングモールへ行き遅い昼食をとることに。

 

ドンコイ通り沿いの「Parkson」というデパートのフードコートへ!

 

 

僕のはコレ。

98,000ドン(約500円)

お腹すいていたので美味しかったです

 

 

妻はフォーみたいな麺。

同じ値段で、これまた美味かった♪

 

 

Parksonの中には、スーパーも入っているので、ここでお土産など買えます

 

 

とりあえずこのまま、周辺のモールやお店を散歩し、夕方にもなり一旦ホテルへ帰りました。

 

21時から今夜のメイン『TEMPLE CLUB』レストランを予約しておいたので、それまでホテルで2人とも疲れてシャワーを浴び仮眠をとりました。

 

 

お店までは汗かきたくないので、タクシーで行きました。

 

この雰囲気ある入口いいですねー

 

 

廊下も雰囲気をだしてくれていて、良いです。

 

 

この階段を上がるとメインフロアーです。

 

 

予約しておいたので、すんなり席を案内されました。

 

 

メニューも日本語訳されていてわかりやすいです。

 

 

それとお店の雰囲気は抜群によいです!

 

 

このお店はブラッドピッドアンジェリーナジョリーがお忍びで訪れたことで有名になったお店。

さすがビッグスターが来るだけあって、それなりに一つ一つがお洒落です♪

 

 

まずはビールで乾杯っ

 

 

注文したのは「揚げ春巻き」!うまいです

 

 

これはシーフードサラダの中の前菜っぽい感じだったけど、美味かった♪

 

 

フォーも美味しかったーー。でも個人的には初日に行った「Nha hang Ngon」のフォーのほうが好みかなー

 

 

これは豚肉の煮付けみたいな感じ?酢豚っぽくて普通だったかな

 

 

TEMPLE CLUB』はホーチミンへ来たら一度は行く価値はあるレストランだと思います。

 

それなりに高級感あるけど、お洒落な店内なのでカジュアルな軽装でも気軽に行けます。

 

料理を総評すれば

正直いえば、値段が値段なので、もう少しハイレベルな料理を期待してしまった感はありますが、カップルや奥様と美味しいディナーをいただくのには申し分ない出来だと思います♪

 

・・・

 

お酒もはいり満腹になったので、夜の繁華街をウロウロと散歩しながら1時間くらいかけてホテルへ帰りました。

 

すでに、23時近かったのでシャワー浴びて就寝しましたーっ

 

ホテルの天井がスターウォーズの『C3PO』っぽかったので写真とっちゃいました。

 

 

 

関連ページ

ホーチミン 1日目
▼アジア中心の海外旅行記!▼ ベトナム・ホーチミン旅行、1日目! 【成田発~タンソンニャット国際空港~バス乗り方~Nha hang Ngon~大晦日カウントダウン~編】のブログ日記です。
ホーチミン 3日目
▼アジア中心の海外旅行記!▼ ベトナム・ホーチミン旅行、3日目! 【戦争証跡博物館~サイゴン大聖堂~郵便局~スカイデッキ~グルメ~帰国編】のブログ日記です。