激安海外旅行のおすすめ情報満載ブログ!

旅行①日目

 

10/31(土)

 

今回の出発便は「深夜便」なので、空港へは10月30日への23時頃にはいるようにして、日をまたいで翌01時25分発のANA(久々の日本の航空会社!)で香港へ向かいます。

 

まず金曜夜に羽田まで向かうのに、電車は混むことを考え、リムジンバスで向かうことにしました

 

最寄りで一番近かったのが池袋だったので、今回は池袋メトロポリタンホテル前から22:10発でいいかなと。

遅い時間帯なので全然混まないことは分かってましたが、念のため前もって電話予約はしておきました。

 

 

 

 

ホテルの「ベルカウンター」で名前とパスポート見せればチケット発券してくれます。

 

走ること約40分くらいで到着。

羽田は深夜便もけっこう発着してるので、空港内にけっこう人が多くいます。

 

 

 

 

今回も海外旅行には欠かす事のできない香港用wifiルータのレンタル手配をしておいたので、受け取るためカウンターへ。

 

今回の受け取り場所は『3階/出発ロビー/ANA手荷物宅配カウンター』です。

 

返却場所は、帰りの成田空港『成田第一ターミナル/1階/返却カウンター』です。

 

 

 

 

さて、つぎに予め自宅にてANAのホームページからWEBチェックイン座席予約し搭乗券をプリントアウトして持ってきたので、あとはANAカウンターで荷物を預けるだけ。

 

とりあえず、まだ搭乗まで時間があるので、空港内をぶらぶら。。

 

 

 

 

外のデッキに出てみたり

 

 

 

 

空港内は日本の秋をイメージさせるかのように、本物の紅葉の木が植えてありました。

こういうの日本らしくて良いですよねー。

 

 

 

 

ご案内カウンターには体に障害もたれた方のためや、乳幼児用の車が用意されていました。

オリンピックへ向けてもっともっと日本の『おもてなし』感だせるといいですねっ

 

 

 

 

そろそろ出発1時間前なので、セキュリティーとイミグレを済ませて、いざ出国です。

イミグレからは写真撮影は禁止でーす。

 

予定どおり01:25分に離陸。

とりあえず熟睡したいので、すぐ寝ました。。。ので写真わすれた(汗)

 

 

 

 

 

予定どおり05:30分に到着

ぞろぞろ降りて、通路も歩く歩道ですすむ。。

 

香港国際空港は、噂では聞いていたとおりでかいです!そして、早朝でしたが若干暑かったです。

ちょうど昨日まで香港の気温は30℃あったそうですが、運良く今日から気温がぐーんと下がったそうです。

三日間とおして体感でも25℃前後くらいじゃないかと。

 

 

 

 
 

 

入国審査おえて、荷物を受け取り、いざ到着口へ。

とりあえず出口でて、すぐ両替して。。

案内図の『To City』エアポートエクスプレス乗り場へ向かう事に。

 

香港国際空港から『九龍』か『香港島』へ向かうには地下鉄でもバスでも行けますが、今回はどこよりも早くて便利なエアポートエクスプレスで、ホテルのある九龍駅まで向かいます。

 

では、さっそく乗車!

 

 

 

 
 

 

シートがめっちゃ硬い。。。
スーツケースをしまうところもありますので、そこに置きましょう。

はじめは田舎の風景もすこしすれば高層マンションが見えてきます

あっ・・・というまの27分

 

九龍駅に到着です。

 

 

 

 

 

改札前の『客務中心(Customer Service Centre)』であらかじめ日本で予約しておいた往復チケット引換券をわたすと、2名分のエアポートエクスプレスカードをくれました。

ついでに、オクトパスカードも買っておきましょう!

 

ここで、エアポートエクスプレスについて簡単に説明させていただくと

 

まず、チケットは香港国際空港駅でも到着駅でも買えますし、日本でも予約できます。

香港国際空港駅には入口改札がありません。よって、最悪チケットがなくても誰でもエアポートエクスプレスに乗れるということです。

 

降りた駅の『客務中心(Customer Service Centre)』で乗ってきたエアポートエクスプレスのチケットを買って改札を出てもいいし、オクトバスを買ってそのまま運賃を清算して出ても良いです。

私たちはあらかじめ日本でエアポートエクスプレス往復分チケットを予約したので、プリントアウトした引換券を降りた駅の『客務中心(Customer Service Centre)』で見せたところ、エアポートエクスプレスの2人分チケットをくれました。

 

エアポートエクスプレスにはメリットが多いです。

  1. 九龍、香港島まで約27分アクセス!
  2. 空港到着出口から歩いてすぐ乗れる!
  3. 下車した駅から主要ホテルへのシャトルバスが無料運行
  4. 帰りはエアポートエクスプレス乗車駅にてチェックインできます。もちろん荷物もそこで預けて日本で受け取ることができます。
  5. エアポートエクスプレスのチケットには色々な種類があり、オクトパスとして使えるタイプもあり便利です。

 

ただ、今回の旅ではエアポートエクスプレスとオクトパスは別々で購入しました。

 

オクトパスの初回チャージはデポジ50ドル+100ドルが短い旅行なら良いと思うので、

150ドル×2名分で300ドルを渡して『Two Octopus Please.』と言えばもらえます。


 

 

 

 
改札を出るまえのとこで、MRTマップを貰っておきましょう

 

 

 

 

 

改札でると目の前の案内をみると「Free Shuttle Bus」方向へすすむとエレベーターがあり、バス乗り場のフロアへ向かいます。

 

 

 

 

 

フロアに出るとすぐに受付があるので、そこで行き先のホテル名を言うとバス番号をおしえてくれる仕組みです。

ただ、今回はあらかじめ調べておいたのでバス番号の「K3」とだけ伝えたら案内してくれました。

 

ここでエアポートエクスプレスのチケットは見せてないので、たぶん・・・エアポートエクスプレス利用者じゃなくても、ちゃっかり乗れます。

 

アバウトな感じが海外ならではと感じました

 

 

 

 

バスは主要のホテルを順に止まります。

宿泊する「リーガルカオルーンホテル」は3番目の到着。

約10分ほどの乗車でした。

 

まだ朝の6時半頃なのでチェックイン手続きは出来ても部屋には入れません。

とりあえず荷物だけはあずかってくれるので大きい荷物を預けて、朝ご飯を食べに!

 

 

 

 

 

ホテル目の前の歩道橋をわたり。。。

そのまま、歩道橋をあるき、海沿いの

尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)まで歩くこと5分。

 

 

 

 

でたーーーぁ!
香港に来たーーーて感じの風景がいきなり見れて感動!

 

 

 

 

 

歩いてると、こんなものまでありました。

 

海沿いを後にして、朝ご飯のお店を探しに!
下調べしておいたお店

Ya Kun Coffee & Toast』へ。

 

ここはシンガポールで有名なお店らしく、ふだんはアジア料理中心のメニューらしいのですが、いまの時間帯は朝食メニューしかなくて、シンガポールで人気の『kaya butter toast』セットを注文!
嫁さんは『kaya cheese toast』セットを注文してました。

 

 

 

 

 

感想は・・・

う~ん、まずい。

てか、いつも海外旅行での冒険は『食』です。

 

もちろん美味しいのもたくさんありますが、ハズれたときの落差がハンパじゃないです。

とくに美食の宝庫である日本ならではの悩みですが

日本人に生まれてきて損した気分になる瞬間がこの時です。。

 

 

 

 

食事もあとにして時刻10時30分くらい。

とりあえず時間をつぶさないといけないので

九龍の街をぶらぶらすることに!

 

簡単に「九龍」側の街を説明しますと。。

いくつかエリア分けされており、

私たちが拠点にしてるのは

尖沙咀(チムサーチョイ)エリア」です。

ホテルからも歩いていける尖沙咀駅で、香港島側へ行く地下鉄も走っていて使い勝手の良い駅ですね。

 

 

 

 

とりあえず、歩いて油麻地駅(ヤウマテイ駅)で地下鉄にのって女人街周辺へ行ってみることに。

 

本来『女人街』は夜賑わう街ですが、近くに昼間でも金魚街スニーカー街や市場もありますので、それ目的で向かってみます!

 

 

 

  

 

おすすめの行き方は
旺角駅(モンコック駅)』まで行き、「B2出口」そばの歩道橋へ上がり、そこから金魚のお店などで有名な『通菜街』という通りや、スニーカー店が集う『花園街』という通りなど、このエリアで有名なストリートを歩道橋から好きに降りられるので便利です。

 

 

 

 

まだ午前中なので、ぜんぜん人がいませんが、朝市のフルーツや食市場は活気ありました。

 

 

 

 
  

 

花園街と旺角道がぶつかる交差点の角に「花園街街市」なんてのもあり、お肉から野菜から魚介からフルーツまでなんでもある勢い!

 

時間もお昼時間に近づいてきてるせいか人も多くなってくる中、金魚街へ行ってみることに。

 

まだ開店してないお店もありましたが、たくさんの金魚店が軒を連ねてました。

日本では見た事ない(?)ような金魚や熱帯魚らしき魚がたくさんいて、日本に持ち帰れるなら買ってたかもしれませんね。

ただ、金魚街は残念ながら写真撮影禁止だった為、写真はありません。。。

 

その後、スニーカー街をウロウロしたりしてたら、あっという間に12時!

 

ネイサンロードの西側に位置する『ランガムプレイス・モール』という、ホテルとオフィスと大型ショッピングモールからなる複合施設へ。

 

中はバカでかい!

 

 

 

  

 

四階くらいまで一気に行けるエスカレーターが1階正面口から突然現れ、乗ってみたら高い高い・・・怖

 

高所恐怖症の人は、ちょっと怖いです。

エスカレーターで高さの恐怖感をあじわうなんて初めてです

 

 

 

 

モール内もサクッと見終わったとこで、朝食がパンチなかったことから超空腹になったので、嫁とモール内で食事する場所を探す事にしたのだが、どうしても香港へ来てから乾杯してなかったので、ビールの飲める最上階の「berliner」に行きました!

 

 

 

 
 
 

 

いや~美味い!

入店時はお客さんいなかったんだけど、うちらが美味しそうなソーセージとビール飲んでるもんだから、観光できてた欧米系の集団がぞくぞく入店してきてお店がにぎわってました♪

 

ゆっくりしてたら、13時過ぎてたのでホテルでチェックインして部屋で休むために地下鉄で戻ることに。

 

ホテルは『Regal Kowloon Hotel 富豪九龍酒店』

 

まぁ、中級クラスホテルらしいです。

香港のホテルは部屋が狭いのが特徴らしくて、ソコソコ値段するホテルでも狭いのはあたり前だったりします。

なので、あまり期待してませんでしたが、、、

 

 

 

 

 

想像よりも広かったので満足!!!

 

 

 

 

 

部屋もキレイで、しかも香港島がチラ見ていどですが見えます♪

 

 

 

 

時代に合わせオーディオもiPhone差せて使えるタイプ。

 

 

 

 

コンセント差し込み口もデスク前についていて合格です。

 

 

ただ、このホテルで気をつけないといけない点を申し上げると、まず!

 

  1. wifiは無料ですが2デバイスまでです。つまり3台目からは有料になるので注意です。

    それと!

  2. 受付の英語が分かりにくく、態度もそこまでよくありません。

    そして

  3. チェックインしたときに朝食券を渡されました。

    がしかし、私たちは朝食抜きのプランでホテルを予約していたので「???」と疑問に思ったのですが、まぁ頂けるならありがたいと思い、次の日の朝はレストラン階へ行き朝食券を見せたところ

    『1人までが無料で2人目からは有料だ』と言われました。

当然断り、外で朝食を食べたんですけど、それならチェックインの時にもっとちゃんと説明してほしかったな~という気持ちがあります。それと、そのワケのわからない制度にも腹立ちました。


 

香港のホテルを予約するときの注意としては、日本のホテルで朝食付プランは素泊まりより若干高いくらいですが、香港のホテルの朝食付きはメッチャ高いです。なので、素泊まりで予約する観光客が多いです。

 

香港の街は安い値段で朝食たべれるとこが外にいくらでもあるので、素泊まりをオススメします。

 

 

 

 

ホテルで休んだら、香港島へ繰り出しに!!

写真はホテルのエレベーターです。

金色が香港らしいなぁと感じます

 

 

 

ホテルの外は大きいホテルが多いのでにぎやか

 

 

 

ホテルから10分も歩かずに香港島が眺められる「尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)」沿いを歩きながら、「Star Ferry 乗り場」を目指します。

 

 

 

 

乗り場の入口は人も多くてゴチャゴチャしてるので、分かりにくいです。

写真のとおり、改札はもちろんオクトパスを使って入れます。

ちょうど混んでましたが改札スムーズなので、必須アイテムっす!

 

 

 

中はこんな感じ

 

 

 

約7分くらいで到着します

 

 

 

 

 

ぞろぞろ通路をとおり、途中で香港Appleストアも見れます。

香港のAppleストアは東京のより格好イイし派手っ

 

 

 

この日はちょうどハロウィンの日だったので、たくさんの人が仮装してました!

しかも、香港はニューヨークみたいに沢山の人種がいるので、仮装が派手だし似合ってて格好いいです。

 

 

 

街が騒いでて混み合うなか、一本道を入ると目的地の「黄枝記(Wong Chi Kei)」に到着!

 

 

 

香港へ来たら必ず食べないといけないであろう「蝦雲呑麺(エビワンタンめん)

はい、めっちゃくちゃ美味いです!!!!

 

噂では聞いていましたが、東京ではなかなか食べられない味だったので感動。。涙

 

香港は飲食店の物価が東京よりも高いですが、ココのお店は手頃プライスで、しかも清潔で美味しくて地元の人にも人気あって、立地もイイので超オススメですよ。

 

 

 

ついでに炒飯も頼んでみましたが、これも美味しい♪

美味しいお店って何オーダーしてもハズさないですよね

 

 

 

このまま盛り上がりを見せる香港島の中を歩き「SOHO」へ繋がるエスカレーターへ!

 

香港島は急坂で出来てる街なので、SOHO街へ行くにはエスカレーターで行くのが便利です。

途中のメインストリートでエスカレーターは降りれるようになってはいますが、一番上までエスカレーターで行き、帰りは下りながら順にストリートを歩くのが楽しいです。

 

 

 

「SOHO」街は欧米人がほとんどで、ロンドンの路地裏にでもいるようでお洒落だけどドキドキ

 

 

 

壁にはアーティステックな落書きもあります。

日本より街にマッチしているように感じる

 

 

 

明日が早起き予定なので、帰りはフェリーではなく

 

中環駅(セントラル駅)の②番の電車に乗り二駅目でチムサーチョイへ到着しホテルに戻り就寝しました。

 

 

 

 

▼おすすめ海外旅行会社の比較▼

 

 

関連ページ

香港マカオ 2日目
▼アジア中心の海外旅行記!▼ 香港マカオの旅~2日目! 2日目はマカオへ!九龍からマカオへの行き方や、マカオでのバスでの移動方法やグルメ、世界遺産の数々、九龍へもどり夜の「女人街」と「男人街」をリポート!
香港マカオ 3日目
▼アジア中心の海外旅行記!▼ 香港マカオの旅~3日目! 3日目は香港ディズニーランドをリポート!そして香港100万ドルの夜景「ビクトリアピーク」、行き方やグルメ、体験リポートをご覧ください♪